人工透析ネットワーク

人工透析の基礎知識

人工透析とシャント

血液透析を行う場合、1~2日間身体に蓄積された毒素を浄化する為に、1分間で200ml近い血液流量が求められます。しかし、通常の血流では1分間で200mlもの血液を透析装置に送り込む事ができないので、シャント手術を行って血流を多くしなくてはなりません。

人工透析では、動脈に穿刺して血液を取り出す必要がありますが、透析の度に動脈に穿刺するのは困難なので、シャント手術でシャントをつくって動脈と静脈を繋ぎ合せ、静脈の血流量を増やして、透析を行います。シャントがあれば、いちいち動脈を穿刺する必要がなく、血液透析ができるようになります。

シャントには、内シャントと外シャントの2つがありますが、ほとんどの人が内シャントになっています。内シャントは、皮膚下で動脈と静脈を繋いでおり、透析を行う際にハリさす痛みがありますが、感染症を引きおこす危険が軽減されます。また、内側にシャントがある事で、見た目に分かりにくいというメリットがあります。

対する外シャントは、皮膚の外で動脈と静脈にチューブを入れて繋ぐ方法です。透析時の痛みが少ないとされていますが、チューブが外にある事で感染の危険が高く、見た目も良くありません。どちらのシャントであっても、シャントが詰まってしまうと血液流量が少なくなって、血液透析ができなくなってしまいます。

この為、シャントの管理を日々おこない、血栓ができないように注意する必要があります。シャントは利き手とは反対の手につくりますが、重いものを持ったりして圧迫すると、不備の原因になるので日常生活で注意が必要です。

  • 人工透析の基礎知識

  • 人工透析とは
  • 人工透析と寿命
  • 人工透析の費用
  • 人工透析の流れ
  • 人工透析とシャント
  • 人工透析の食事の注意点

  • カリウム
  • タンパク質
  • 塩分
  • 水分
  • 食事の工夫
  • 人工透析の注意点

  • 運動
  • 喫煙と飲酒
  • 睡眠
  • 日常生活
  • 薬の飲み方
  • 人工透析を行う

  • 血液透析とは
  • 人工透析とかゆみ
  • 人工透析とシャントの合併症
  • 人工透析とストレス
  • 腹膜透析を行う
  • 人工透析と腎臓病

  • 三大腎臓病
  • 腎臓の機能
  • 腎臓病と人工透析
  • 腎臓病の治療(腎移植)
  • 腎臓病の予防
  • 人工透析と糖尿病

  • 糖尿病とは
  • 糖尿病と合併症
  • 糖尿病と人工透析
  • 糖尿病の原因
  • 糖尿病の症状
  • Copyright (C) 人工透析ネットワーク All Rights Reserved